起業するまでの道のり

全くの別業界から、知識もお金も人脈も何も持たずに化粧品会社社長になるまでの道のりをリアルタイムでお届けします。

初めての東京勉強旅 成功者に会いに行く編 

この成功者様、個人でオリジナルの基礎化粧品ブランドを立ち上げ、

通販はもちろん、店舗やイベント等にも出品されてます。

そして、一定のファンもお持ちです。

商品もシリーズ化されており、数種類展開されてます。

 

何が作りたいのか、

なぜその商品なのか、

どんなことを訴求したいのか、

ターゲットは、販路は?等

まだまだ検討中ですが現時点での考えを伝え、

それによって自分の頭の中も整理できました。

人に話す、紙に書くって言語化するのも大事だなと改めて。

 

美容業界の大御所と呼ばれる方とも親しい間柄ということで、

繋げてあげることもできるよ、とおっしゃってくださいました(‐人‐)

今の自分の進捗状況(と呼べるほどではないですが)を報告し、

もう少しこのまま頑張ってみますということでお話を終えました。

 

そもそもどうしてこの方に会いに行こうと思ったのかというと、

成功している人のマネをするのが自己流より早い

とよく言われているからです。

そこにたどり着くまでにどういった経緯をたどったのか。

発信されてる方も中にはいますが、

それがピンポイントで自分と重なるかというと必ずしもそうではないし。

 

まんまわたしのやりたいことで成功されてる!

これはぜひお話をお聞きしたい、勉強させていただきたい。

どうやってOEMメーカーを見つけたのか、

どんな販路で商品を売っているのか、

営業はどんなふうに、、、

 

と思い、コンタクトを取ろうと思いました。

でも、ツイッターのDMやfacebookメッセンジャーは送れない設定にされていたし、

直接公式HPの問い合わせフォームから送るしかない。

よっぽど出だしの文章にインパクトがないと間違いなく埋もれちゃう。

 

一度や二度スルーされても、何度も何度もしつこいくらい送ってアピールする人が

行動力のある人なんだと思います。

多くの人が一度のスルーで辞めてしまうんですよね。

まずこれが一つ大事なポイントかなと。

諦めない。

 

とか言いつつ、実はわたしこのお方と接点がありまして。

元々知っていたからこそ、その方が今何をしているのか簡単に知ることができたし、

共通の知人に口きいてもらえないか、とお願いをしたんです。

結果的には正規の方法(HPからの問い合わせ)で問い合わせたほうがいいのでは、とアドバイスをもらい

HPから問い合わせました。

一週間後にメールにてお返事いただき、ちょうどセミナーで東京に行くこともあったので

タイミングよく、ぽんぽんと会っていただけることになりました。

ただ、それは共通の知人がわたしのことを連絡してくれていたからで、

本当に運が良かったなと思います。

実際それがなければ埋もれていたそう、、、><

自分の売り込み方も勉強しなくては、ですね。

 

上にも書いたように、色々と参考にしたいことはあったのですが、

その方は既にブログで認知度があったことから、

企業の方から一緒にビジネスをしませんかと提案してきてくださったそうです。

 

商品製作、全責任(前記事の内容ですね)、費用は企業。

企画、PR、問い合わせやクレーム対応はその方。

 

というように分業?して回しておられるそうです。

その企業は問い合わせには至らなかったものの、

わたしもHPを拝見していたところでしたが、

今のわたしが問い合わせても断られただろうとのことです(ですよね)

 

要するに、やり方が「その方」先行だったということ。

わたしは自分が影響力も持ってない、何者でもないので

商品先行でマーケティングとかを考えないといけません。

これは、その方がコツコツと何年もブログを書いて発信していたからです。

 

わたしはこれから。

このブログは備忘録のための日記と化してますけど

そのうち起業するまでのわたしをおもしろがって見てくれる人が出てくるかなーと。

世界は広いのでやり続けていれば何か起こるでしょっていう楽観主義(笑)

 

というわけで、2日通して本当にいい勉強になりました。

ただ田舎者には東京の電車は難しかった←

 

f:id:teasechan:20190420151503j:image

 

ひとまずは化粧品検定に受かること!

ということで勉強してきます!

初めての東京勉強旅 セミナー編

土日月と、東京に勉強しに行ってきました。

f:id:teasechan:20190417193058j:image

初日だけね、飲みに出たらぼられたwww

 

忘れんうちに最初に言うとく。

新幹線のチケットは金券ショップがオススメやで。

わたしの場合は近畿から乗って片道1000円以上安くなって、

結果自由席の正規の値段より安く指定席買えたで。

 

元々の目的は、年明けに起業を思い立ってすぐに情報得られるものを探して見つけた

化粧品事業新規参入セミナーに参加するため。

メインは、化粧品製造販売業とか、化粧品製造業とかの違い、取得の仕方等

調べればもちろんネットになんぼでも書いてあるけど

わたしの場合は実際人から講義形式で教えてもらう方がずっとわかりやすかった。

f:id:teasechan:20190417193607j:image

重要というか、必要最低限のことだけ備忘録としてまとめると

化粧品製造販売業

・化粧品を市場に出す最終関門(市場出荷判定)

・故に、化粧品を販売するにあたっての全責任を負う(クレーム対応等)

 

化粧品製造業

・化粧品を製造する(当たり前)

・輸入化粧品に日本語ラベルを貼る作業も製造業が必要(包装・表示・保管)

・日本語ラベルが貼られている状態でも、市場出荷判定が終わるまでの保管業務は

 製造業の認可がないといけない

 

どちらにも、既定の条件を満たした責任者が必要。

その規定条件が、今の私じゃなかなか満たせない。

高校で化学履修してないのはきついなぁ~。

要は理系じゃないとだめってこと。

わたしはがっつり文系でした。

高校時代の数学テストは学校指定の問題集から数字を変えて出てたので

証明問題とかもう丸暗記←

公募推薦で受かるために成績上げてたからセンターの勉強もしてません。

今から大学入りなおすのも違う。

そもそも目的がぶれている。

自分がその有資格者になりたいのではない。

それに、今すぐ必要な認可でもない。

 

今考えている背中パックで、ある程度継続的な利益が見込めてから

該当する人を雇って、製造販売業を取ればいい。

このストーリーを描けたのはこのセミナーのおかげ。

 

後々は製造販売業の認可を取る予定やけど、

上にも書いたように製造販売業は商品に対しての全責任を負う。

クレーム対応はもちろん、商品回収や賠償も、場合によっては全て請け負わなければならない。(そうならないために成分分析表提出とか色々あるんだけど)

だから、メーカーさんからの仕入れ値の交渉を

最初にしておいた方がいい。

 

製造+メーカー責任⇒100円仕入

で今は契約するけど、製造販売業を取ったら

製造のみ⇒70円仕入

とかね。

 

新規顧客でしかも個人でいきなりこんな交渉するのもどうかなとは思うけど

長い目で見たとき、3割り仕入れ値違えば大きいでしょ?

長い目で見れるような良い商品、良い売り方も考えるし。

 

今までは、想像した理想の未来だけ見て進んでたけど

少しずつ、少しずつ、

でも着実に足元の道も見えてきてる。

 

進んでるよ自分!

 

次はメンター編書きます。

初めて会う相手のことは、事前にリサーチしておく方がいい?

一昨日、最後に問い合わせをした会社様と初打ち合わせをしてきました。

わたし個人として、初めてビジネス的な対話ができたのは

自分にとって本当に大きな一歩というか、経験になりました。

 

いかに早く、初めてお会いする方との距離感を掴むか

わたしが大事だと思うことをご紹介。

会社名と担当者のお名前でどんな方かわかるかなーと事前に検索して前情報を得る。

これだけ。

ちなみに、これ合コン前とかにも使えるテクです。

相手のことをリサーチできるなら、しておくに越したことはない。

年齢だけでもわかれば、自分の取るべき態度や話し方も多少はイメージが沸くし、

好きなものや趣味なんかがわかるのであれば、話題にも幅が広がる。

 

これはそもそも、相手が営業に来てるとか、合コンに来てるとかの

ある程度社交的な姿勢できてくれるという大前提があるので

誰にでもあてはまるわけではありませんが。

 

最初やりとりしていた感じでは、気さくな方なのかなと。

「ぜひぜひ」みたいなワードが入っていたり。

こんなので判断するのはどうなのと思われるかもしれないけど、

お名前が奥ゆかしい感じだったので、30代後半~40代くらいかなと勝手に思っていました。

 

ところがどっこい、ネットで検索してみるとかなりお若く

写真ではメイクもばっちりでいかにも美意識高そうなお方。

そらそうだ、美容業界に身を置いていらっしゃるのだから。

 

実際来られた時のお姿も、おしゃれヘアカラーでやはりばっちりメイク。

でも最初のメールの印象通り、とても気さくな方でした。

 

また、わたしと同じように

オリジナルの化粧品を作りたく、今の会社に勉強するために入ったとのこと。

とても親近感がわきました!

 

打ち合わせといっても初めての経験で勉強不足で、どうしたらいいかわからなさすぎて

緊張すらしてなかったのですが、

いい意味でお友達かのように、でもとても丁寧にいろんなことを説明してくださりました。

 

業界のこと、製品のこと、イメージが沸きづらい金額のこと。

どうやって売っていくか、他の人はどんな方法でどのくらいのペースで売っているのか。

 

たくさん情報がありすぎて、全部頭に残りきらなかったですが、

確かなことは

「なんかいけそう」

という根拠のない自信が増加したことですかね←

 

この会社様でお願いするかどうかもまだわかりませんが、

それらしい経験ができたことにより、自分なりにまた一歩進んだような気がします。

 

ちなみに、今週末から来週頭にかけて

化粧品業界新規参入向けのセミナーのために東京に行きます。

その際、数週間前にアプローチした方にもお会いしてきます。

 

その方はわたしがやろうとしている、オリジナル化粧品を製作、販売し

シリーズ化までされており、しっかりファンもつかんでおられる方です。

同じことをやってる人の話を聞きたく、色々と探していたのですが

ようやくたどり着きました。

 

実はちょっとした繋がりがある方なのですが、

それが吉と出たらいいな。。。

この方のリサーチもしていこうと思います!!

 

ただの個人が実際に企業とやりとりできるようになるまでに、何社問い合わせたか

はい、11社です。

1月~3月にかけて、いろいろ調べながら11社に問い合わせをしました。

結構色々問い合わせたつもりでしたが、

数でみてみるとまだまだ少ないですね。

 

初めは制汗剤スタートだったのですが、医薬部外品且つ効き目が強いものとなると、

新規で申請を出したり、また肌荒れ等の副作用が高い確率で起きるということから

なかなかうまく事が運びませんでした。

既存のデオドラント製品もご紹介いただいたのですが、

自分が納得できないもの(自分には効かないもの)をオススメなんてできないですよね。

 

そこでもう一つ、あったらいいなと思っていた背中パックの方にシフトチェンジしたわけです。

制汗剤の時と検索ワードが違うのは当然ですが、

背中パックに的を絞ってからでも何度か検索ワードを変えてみたら

色々とOEM企業がヒットしました。

 

例えば、最初は「化粧品 OEM 個人」とかだったのですが、

「パック」や「ボディケア」「マスク」など、より狭い範囲でのキーワード検索を試みました。

そうすると、ざっくり化粧品だけで出てきたものよりも

パックに特化した企業を発見することができました。

もちろん、パックで実現できる幅が広がるわけです。

 

そうこうして、今現在やり取りさせていただいている企業さんは3社。

うち一社は制汗剤の頃からやり取りしていて、パック業者とのやり取りや配合成分をどうするかってところまで話が進んでます。

医薬部外品か化粧品かの選択肢もありますし、その地域の特産物の成分の配合も可能で、

将来的にシリーズ化できる見込みがあります。(売れれば)

 

次はパック専門で比較的大手。

背中用の製品も実績がありますが、別の会社のオリジナル製品なので新たに開発が必要。

初めてお金の話をしました。

パックなので最小ロットが結構な量になるであろうことは予想していましたが、想像以上。

別会社のオリジナル品の実績を参考とした概算見積もりでしたが、結構な金額を提示されました。

 

最後に、画像検索から出てきた会社。

こちらも、わたしの欲しいものに近い商品を既に形にされていました。

やっぱり視覚で製品化できると思えると、テンションが上がりましたね。

レスポンスも大手同様に早く、先方から直接提案したいと言っていただけました(T∀T)

早速来週お会いしてきます!

 

今の会社でもろくに敬語も使わんかったような若輩者が、

生まれて初めて自分の名前で、ビジネスとして話を進めようとしている。

怖いし自信もないし、でもとってもワクワクするんです。

 

波はあるけど、毎日のツイッターで文章を簡潔にまとめたり、

相手に喜んでもらえるような、せめて不快な思いをさせない言葉選びを意識するようになった。

小学生以来の読書習慣がついた。

去年までのわたしより、少しずつ少しずつ成長できてる、大丈夫。

さぁ、あの名刺の使い時が来た!!

勉強期間2か月で、化粧品検定1級2級ダブルで取りに行く。

思い立ったが吉日とはよく言ったものです。

2日前の夕方に人のTwitter見て、

ざっと内容や難易度、受験料、日程を調べて

30分後にはテキストと問題集の申し込み完了してました。

f:id:teasechan:20190329194541j:image

 

受けようと即決した理由は2つ

・化粧品を扱う会社を立ち上げる身としては必須大事と思った

既にいくつか会社を成功させていて、経営者として化粧品業界に手を出すならいざ知らず。

自分で商品を考えて、パートナー企業と打ち合わせを重ねて

使用感や扱いやすさ、特に配合成分等を検討する上では基本的な知識以上のものは必要不可欠だと考えます。

・やっと肩書ができる

1級に合格したら化粧品コンシェルジュになるための講習を受けることもできます。

今はまだ肩書も何もないので、何かしら書けるのならと思いました。

・やるならなる早で

年に2回、5月と11月に試験が実施されるのですが、

どうせ持つなら早くから持っておきたい、せっかちさんです。

(年会費も1万円かかるので 小声)

 

女性としてできるだけ永く美しくありたいと思うのは決して珍しいことではないので、

起業云々関係なく、自分自身のためにも勉強して損はないと判断しました。 

 

試験日は5/26

残された時間は2か月弱です。

申込期限は4/8

かかる費用は以下の通り。

 

1級

受験費用:12,960円

テキスト:1,944円

問題集:2,052円

2級

受験費用:6,480円

テキスト:1,836円

問題集:1,728円

 

全て合わせると3万円近くします。

テキスト関係はいいとして、受験費用が2万もかかるので、

絶対に落ちたくない。

 

という理由で、1週間ほど勉強してみていけそうなら申し込むというリスクヘッジ

 

とりあえずテキストが先に届いたのでパラパラ読んでみたのですが

第一印象は中学校の理科の資料集。

イラストが多用されていて、わかりやすく端的にまとめてあるので

非常に見やすいです。

 

そんなに簡単ではないって書いてあったけど

まじめにやれば取れないこともないんじゃないかな。

試験は4択だし。

ただ、過去問がないのと、

問題集は協会が公式で出してるもののみ、同じ問題は今のところ出ないので

テキストの内容を完全に把握する必要があります。

 

でも化粧品のプロ名乗るならヤマとかはってないで

全部知っているべきですしね。

 

肌や体の構造、成分といった思いっきり理科要素満載なので、

高校時代、化学未履修、生物は睡眠時間だった私には文字通り0からのスタート。

当時の鬼の暗記力を信じて2か月で全部頭に詰め込んでいきます!

(一夜漬けで世界史70ページ覚えてテストで8割取れるレベル 唯一の自慢)

医薬部外品の申請内容の壁。

一度問い合わせした企業からの返信がずっとなくて、

もう一度コンタクト取ってダメだったら諦めようと思ってたところ、

翌日にお返事いただけました。

 

多分普通に見落とされただけだったんだと思う。

だから、一回だめでもまたチャレンジしたらいいんだ

という学びも得ました。

 

何よりレスポンス早いのは嬉しい。

せっかちなので、やる気持ってもらえてないんだなと思っちゃいます。

何も進捗無くても何かしら報告とかするししてほしいタイプなもんで。。。

でも自分基準で物事考えたらだめですよね。

と思う反面、でも仕事やったら迅速な対応が信頼関係に繋がるんじゃないの

とも思っております。

 

こっからが本題。

医薬部外品の背中用パックを作りたいのですが

医薬部外品というのは、製造販売にあたり認可を受ける必要があるのですが、

その際にどのような使い方をするか、というのも必要になってきます。

言い換えれば、その申請した使用方法以外で使うことができないんですね。

 

今回の件で言うと、

既存薬剤の申請内容は「適量を手に取り使用する」なので

「シートに薬剤を染み込ませてパックとして使用する」ことが不可能というわけです。

使用部位についても同様で、顔は申請してるけど背中はしてなければ

顔以外に使用する目的での商品製造、販売ができません。

 

このような使い方をしたければ、

新たに申請を出して認可を得なければならないため、

時間、更に初期費用も必要になってきます。

 

f:id:teasechan:20190324153813p:image

 

代案を出していただけるのは、歩み寄っていただける証と感じ、

とても嬉しく思います。

ですが、ここで自分の納得いかないものを製品化しても

きっと自分はうまく売れないだろうなと思いました。

 

自分が「これなら欲しい、ある程度の金額出してでも欲しい」

と思えるようなものを作って、本当に気に入っていないと

人様にお勧めなんてできない、という考えなので。

 

今もう一社とやりとりしていて、

そこは化粧品としての背中パックで話を進めている最中です。

 

固執し過ぎず、妥協できるところは妥協する。

でも、大筋をぶらしてはいけない。

 

ひとまず新たに申請することによってかかってくる時間と費用を聞いてみて、

その上で話を進めさせていただくか検討していくつもりです。

 

まだまだ勉強不足で、この部外品の申請関連についての知識がほぼゼロなので

来月、化粧品業界新規参入のセミナーに行ってきます!

 

上京や、東京ホテル高いし電車難しいし

セミナー以外での不安感すごい。。。医薬部外品の申請内容の壁。

会社の看板を外す準備

今までいた会社を退職して、自分の名前で渡り歩いていかないといけない。

そのために、名刺が必要!

ただ、まだ何者でもない。

 

デザインとかできないから名刺屋さんのデザインから好きなものを選びました。

少しでも私という人間を印象に残してもらえるよう、

インパクトのあるものにしようかなと思って

似顔絵載せようかなとか(描いてもらえるアテがある)

「未来の化粧品会社社長」って肩書にしようかなとか

このブログ?日記?のURL載せようかなとか

色々考えましたが、最初はどシンプルなものにしました。

 

f:id:teasechan:20190321164203j:image

色々雑、、、!!!

編集アプリとかよくわからんし←20代

苦手なことはひとまずおいといたらいい、という考え。

やりたいこと、できることを伸ばす。 

 

この名刺もずっと使うわけじゃない。

そのうち結婚して名前変わるし

そのうち化粧品会社社長になるし

そしたらHPとかもできるし

 

自分自身がバージョンアップするにあたって、

名刺も同じようにバージョンアップしていくものだと思うんです。

 

 

それと、

これブログですけど日記扱いにしようと思います。

何か進捗あれば報告したり、気づいたことあれば備忘録として残したり。

今までがんばって1000字以上書いてましたけど、

それってブログで収益得るためのノウハウやし、

わたしのこのブログの位置づけとはちょっと違うなとも思ったので。

 

そもそも、苦手で写真とか画像載せられないとか

目次がないとか

読み手に取って有益なものを書こうとか

そういったこと一切考えてないので、自分のペースでゆるゆるとやっていこうと思います。